読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今こそ前を向いて

カープが疲弊しきっていた時に起きた惨事。
次の日は完封という屈辱を味わう。
天国から地獄のような大型連休
※うちは休みじゃなかったけれど!(・Д・)

阪神が全く広島と同じ戦い方をしてきた事に慄然とした。もともと、金本監督が広島出身。コーチ陣も極力カープ出身の人間で固めている。それでもここまで同じ戦い方でやり返されるとは思わなかった。

阪神は今季おそらく優勝するだろう。そういう思いが頭を離れない。それぐらい、カープと同じ戦い方だった。

カープファンだから言うのではなく、本当に暴力的な負け方だった。

中国新聞の記者と同じく、思わず選手名鑑をめくり、中田廉や薮田を助けてくれる中継ぎ候補はいないか、先発候補はいないか探す。
そんな奴がいたらとっくに1軍に上がっている。
今1軍にいる戦力で戦うしかない。(;ω;)

WBCの影響でタイトな日程、かつその後遺症に悩む選手たち。こんな無様な負け惜しみは言いたくないがWBCの後遺症的な影響がほぼない阪神に負けたことが悔しい。

菊池が不調なのはファンなら気がついていた。
ベンチでずっと思いつめた顔でバットを握って離さない菊池を切ないと感じていた。

このまま終わるわけにはいかない。
勝ってほしい、でも負けることを恐れてはいけない。柔道の朝比奈さんが敗因を問われ「前回は勝ちたいと思ったから勝てた。今回は負けたくないと思ってしまった。それが要因」とコメントしていたのを思い出す。勝負は前を向いたものにしか掴むことはできない。

今回、安部が「菊池が自分を殺してチーム打撃に徹しているかわかった」とコメントしていた。それこそが一番の収穫。

相手が自分たちと同じ戦い方を仕掛けてくるのなら上をいく戦い方をしなければならない。今、機動力野球の真髄を求められていると思う。

過去に9点差を逆転されたチームが優勝した例はない、と記事にはあるが未来は過去を変えられる力がある事を私は知っているし、信じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-01819369-nksports-base